Top >  おすすめプラン >  三島のせせらぎと柿田川を歩く

三島のせせらぎと柿田川を歩く

 三島駅⇒楽寿園(または菰池公園)⇒源兵衛川⇒三石神社時の鐘⇒清住緑地⇒柿田川公園⇒柿田川橋⇒水の苑緑地⇒佐野美術館⇒三島大社⇒白滝公園⇒三島駅

bar01sora2.png

【三島駅から源兵衛川】

mishimamap1.png

楽寿園は三島駅前にある公園で、
南口を出て道路を渡り、右側(沼津方向)に30mほど行くと
すぐに入口が見えてきます。

入場料は大人300円ですが、年に何回か無料日があるので、
それに合わせて行くのもよろしいかと思います。

三島駅側の入口から入り、
公園内を抜けて南側の出口から出たところを左に進むとすぐ、
源兵衛川が見えます。

ここを右に曲がって源兵衛川沿いの遊歩道を歩きましょう。
genbeigawa1.png

また、楽寿園の代わりに菰池公園から訪れることもできます。

その場合は、南口を出て左側に進み、
道を渡ってしばらくして右に曲がるとすぐです。

菰池は湧き水を水源とする池のため、
かなりの透明度があり、底の砂利やゴミがはっきり見える
とても池らしくない池です。

なお菰池から流れる水が桜川となるので、
川に沿って約200m歩きます。

橋を渡って白滝公園の中を通り、
反対側から出るとT字路にぶつかります。

信号を渡って左に曲がり、
約30m先の『小浜のみち』を約200m進むと
左側に源兵衛川が現れます。
ここを左に曲がって源兵衛川沿いの遊歩道を歩きましょう。

bar01sora2.png

【源兵衛川から柿田川公園】

mishimamap2.png

遊歩道は川の中に敷石を並べて造られたものなので、
川に落ちないように注意しながら、
源兵衛川の上の石の遊歩道を約200m歩きます。

genbeigawa2.png

最初の橋の手前で道路に上がり、
川沿いの細い道を約200m進みます。

バス通りを渡って右に進みます。
約50m先にはうなぎの有名店桜家があります。

店の手前の路地を左に曲がり、
三石神社の時の鐘の脇を源兵衛川に沿って進みます。

小さな橋を渡って更に進むと道に出ます。
右の伊豆箱根鉄道の踏切を渡ってすぐ、
川に下りる階段があるので、そこを進み、
道の下をくぐります。

川沿いに80mくらい進み、
次の橋(源兵衛橋)の手前で道路に上がり、
右に曲がって橋を渡ります。

そのまま道をひらすら直進します。
300mほどで西小学校のグランドにぶつかるので、
通れればグランドの中を突っ切ります。
(通れない場合は左折し、グランドを右に見ながら回りこんで下さい)

そのままこの道を更に300mほど直進すると、
左カーブの緩やかな下り坂になります。
その先が清住緑地です。

緑地内を通り、100mくらい先の橋を渡り、
川沿いの道を更に70mくらい進むと右側に橋があるので、
渡ってすぐの道を左に進みます。

約80m先のT字路を右折し、
約300m先の運動場の手前のT字路を左に曲がり、
サントムーン柿田川の脇を通って500mくらい進んだ先、
正面にあるのが柿田川公園です。

kakitagawakoen1.png

柿田川公園では水が湧き出す様子が見られるので、
休憩を兼ねて寄ってみるのもよろしいかと思います。

kakitagawayusui1.png

なお、柿田川公園からでは柿田川の様子があまり良く見えないので、
まだ見たことのない方は、
一度は柿田川の流れを見てみることをおすすめします。

bar01sora2.png

【柿田川の流れを見る】

柿田川の流れを間近で見たい場合には、公園の外の道を回り、
柿田川唯一の橋(柿田川橋)を渡ります。

柿田川をちゃんと見られるのは、
私有地などを除くと柿田川橋のあたりだけなので、
早速、行ってみましょう。

mishimamap3.png

まず、柿田川公園に入った時と同じ入口を出て、
目の前の国道1号線を左に進みます。

300mくらい先にある八幡東交差点を左折し
バス通りを250mほど進みます。

沼津信金の先の信号を左折し、
細い道に入ります200mほど先の突き当りを右折し、
しばらく道なりに進みます。

1000mくらい歩くと大きな道に出るので、
ここを左折すると100mくらい先に橋が見えます。
この橋が柿田川橋です。

kakitagawabashi1.png

橋の左右からは川の近くまで降りられるので、
ここで川の様子を間近に見てみましょう。

わずか数百m先から急に始まった川なのに、
水量が豊富で、かなりの透明度であることが分かると思います。

この規模の水量の川で、ここまで透明度の高い川は
全国的にも珍しいと思います。
kakitagawanonagare.png

 

bar01sora2.png

【柿田川橋から三島駅】

mishimamap4.png

橋を渡ってこの道をそのまま直進し、
清水町役場の前と最初の信号を通過します。

橋から約1000m先まで行くと、
2つ目の信号があるのでここを左折します。

500mくらい先の橋を渡り、すぐに斜め左の道を進みます。
500mほどで国道1号線の三好町東交差点に出ます。

mishimamap5.png

さらに直進し130mほど先のつきあたりを右折し、
しばらく進みます。

400mほど先のつきあたりを左折し、
200m先の信号を渡って右折します。

120m先の信号を左折するとすぐに小さな橋を渡ります。

橋を渡って川沿いの遊歩道を歩きます。
300mくらい歩くと水の苑緑地に入ります。

100mほど先の川蝉橋のところで右折し、細い道に入ります。

100mくらい先が左カーブになっていて、
少し先の路地裏のようなところを抜けると
佐野美術館の前に出ます。

道路を横断し、佐野美術館の庭を通って
裏側の出入り口に進みます。

sanobijutsukan1.png

目の前の道を左側に進むと300mくらいで、
線路が見えます。

線路の下をくぐり、すぐに右折すると
三島田町駅前に出ます。

駅前広場を右に見ながら直進し、
200mほどで大きな道に出ます。

信号を渡ってそのまま直進し
100m先の信号を左折します。

mishimamap6.png

観光地らしい店舗の並んだ道を400mくらい進むと
正面が三島大社です。

信号を渡り、鳥居をくぐって参道を直進します。

お参りしない場合は
池を過ぎたところの山門の手前を左折し
西側の出口から出ます。

すぐ右の信号を渡り、斜め右の水路に沿った道を進みます。
400mほど先が白滝公園です。

つきあたりの信号を渡り、右折して歩道を歩きます。
楽寿園の東側の入口の前を過ぎ、
道なりに進んで緩やかな坂を登ると正面が三島駅です。

mishimaeki1.png

 

bar01sora2.png

【富士山の伏流水が引き出す『三島のうなぎ』のおいしさ】

うなぎといえば、浜松を連想する人が多いと思います。

養殖地に近いため新鮮なうなぎが入手できるからですが、
うなぎのおいしさはそれだけでは語れません。

三島のうなぎがおいしいと評判になったのには、
浜松とは別の理由があるのです。

詳しくは、こちらをご覧になってください。

 <  前の記事 サイト管理者へのメール  |  トップページ  |  次の記事 中年の私も簡単にダイエットできました  >